二千円以下で使える格安スマホとは何か

家族が3人か4人いて、スマートフォンを使っていると毎月の通信費は2万円近くに達してしまう事がありますが、少しの工夫をする事によって大幅に節約につながります。
その工夫とは格安スマホに移行する事であり、シェアオプションと呼ばれる主回線と副回線を紐づけるプランにすると7千円前後に抑える事が出来ます。

格安スマホを更にお得に使うコツとしては、中古端末をリサイクルショップやオークションで購入する事であり、2年や3年程度の高スペック端末であれば3万円以下で手に入る場合もあります。

格安スマホ情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。

新品が使いたいと感じる時は、格安スマホ業者が提供している端末を購入するのがおすすめで、国内・海外両方のメーカーの製品を手に入れられます。



格安スマホ業者の中の多くは、あらゆる破損・落下事故といった端末補償オプションを提供しているので、以前にトラブルを起こしている場合は必ず入っておきましょう。



格安スマホのプランは、音声プラン(データ付き)・SMSなしデータプラン・SMS付きデータプランに分かれており、メインで持つ場合は音声プラン・2台目や自宅タブレット用のサブ回線として持つ場合はデータプランを契約して下さい。


データプランで提供されているのは1GBや2GBからで、外出先で毎日動画サイト等のパケット消費の激しいコンテンツを楽しむ場合は、10GBのプランを契約しておきましょう。なお、それでも足りないと思った場合は、月に一度はプラン変更が可能(翌月のプラン変更に適用)ですので、20GBや30GBのプランがある業者を契約するのがおすすめです。